今すぐ救急看護を辞めたい!大火傷の悲惨さを目にし無力感を感じた


今すぐ救急看護を辞めたい!大火傷の悲惨さを目にし無力感を感じた

 

救急看護に携わることは、やりがいはあるにしても、体力的にも精神的にもかなり疲弊すると思いませんか?

 

 

救急看護を辞めたいなと思い始めるのには、大きなきっかけがある場合と、特にきっかけは思い当たらないけれど、徐々に疲れてきて辞めたくて仕方なくなる場合とあります。

 

 

大きなきっかけがあって今すぐ辞めたいと思うのは、国家試験に合格したばかりの若い看護師に多いです。

 

 

後輩が看護大学を卒業して総合病院に就職し、最初は内科病棟に配属されました。でも翌年、急な退職があったので、その穴を埋めるべく3次救急の救急外来に配属になったんです。

 

 

そうしたら、内科病棟の穏やかさとは比較にならないほどの忙しさに加えて、これまで体験したことのないような惨状に耐えられなくなって、すぐに辞めたいと毎日のように言っていました。

 

 

特に、全身に大火傷を負って運ばれてきた4歳の子どもの姿と「この子を助けてください!」となりふり構わずスタッフたちにすがる母親の泣き叫ぶ姿は、その看護師には言葉にならないほどショックなものであったそうです。

 

 

その後、為す術がなくその子の心臓が止まるのを待つしかなくなったときの、母親の鳴き声は耐えられなかったと言います。目の前で繰り広げられるドラマよりひどい状況の悲惨さと、自分の無力感と、どうしようもない虚しさ、救急看護に携わっていればこれらを感じること多いですよね?

 

 

私の友人の話

 

一方、私の長年の友人はずっと救急看護をやってみたくて、学生の時もそれを目指して勉強していました。看護師の国家試験に合格して、すぐに学校の系列の病院の救急外来に勤務しました。

 

 

最初は、ちょっと意地悪な先輩看護師がいたこともあって、かなり苦しい時期を過ごしていました。でも、2年目、3年目、4年目と救急看護を継続していくことで救急看護クリニカルラダーも順調にステップアップしていきました。

 

 

ところが、昨年のことなんですが急に彼女が救急看護を離れたというメールが来たんです。2ヶ月ほど連絡が途絶えたので、頑張っているものと思っていたんですが、彼女は急に疲労感が抜けなくなってしまって、かなり悩んでいたようです。

 

 

彼女によると徐々に疲労感が強くなっていったそうで、20年以上救急看護に携わってきたら、先が分かるようになってしまったそうなのです。どんな患者さんも、それぞれに違うのですが、なんだか分かる、経験してきたことばかり、そう感じるようになったら、得体の知れない疲労感に襲われるようになったのです。

 

 

あまりにも自分がおかしいので心療内科に行ったところ、燃え尽き症候群と言われたそうです。自分でも気づかないうちに、小さなストレスを溜め込んでいった結果、ある日突然、糸がプツリと切れてしまったように気持ちが仕事に向かなくなっていたのです。

 

 

でも、そんな彼女も今は、次の職場で働いています。彼女は『ナースではたらこ』という転職サービスを利用しました。ナースではたらこを選んだ理由は以下の7つです。

 

 

登録が面倒じゃない

通常、個人情報の登録は面倒くさいんですが『ナースではたらこ』の登録は1分で済むから面倒くさいと感じないそうで、とても簡単に済むそうです。

 

 

完全に無料で活用できる

『ナースではたらこ』の利用には、まったく費用がかかりません。後々、何か請求されることもありませんので、安心して活用できます。

 

 

担当してくれるコンサルタントがいる

登録すると、担当のコンサルタントが決まります。その人が窓口になってくれて相談事はもちろん、次の職場の希望にあった求人をピックアップしてくれるので、職探しが簡単にできます。

 

 

非公されてない求人が多い

ウェブ上では非公開の求人がとても多いです。登録をすれば見れるので、すぐに見てみてください。その数の多さに驚くと思います。

 

 

個人情報の管理がばっちり

『ナースではたらこ』を運営しているのが上場企業で、セキュリティが万全なんですよね。だから、個人情報の管理について心配する必要がなく安心して次の職場を探せます。

 

 

全国で9万件超えの求人を掲載している

求人数9万件超えって驚きの数ですよね。これだけあるなら、転職先がみつからないことはありません。

 

 

サポート窓口の対応が親切

なんでも相談に乗ってくれるサポート窓口があるので、とっても便利です。ちょっとしたことでもいいので、相談してみてください。使い心地の良さがわかるはずです。

 

 

私の友人は『ナースではたらこ』を通じて、これまでの経験を買われて、総合病院のフロア案内をしています。燃え尽き症候群であることも話した上で、復帰プログラムのあるところを紹介してもらい、そこでプログラムを実践しているところです。

 

 

『ナースではたらこ』を利用すると、現状と希望をしっかり聞いて職場を探してくれるので、あなたの今の悩みはすぐに解決することができるのです。